<ワークショップ>くるみボタン「旭屋」・刺繍作家「LicLic」

50年以上に渡り、大切に使われ続けてきた「ハンドプレス機」と「打ち具」を使用して、一つ一つ丁寧に心を込めて「くるみボタン」を作っています。

オーダーも随時受け付けております。お気軽にご相談ください!


当日は昔ながらのハンドプレス機と打ち具を使用して作る「くるみボタン」のワークショップと販売を予定しています。

ワークショップ・・・・

予め切り抜いてある布地の中からお好きな柄を選んでいただくか、当日お好きな布地(お子様の着れなくなったけれど、捨てたくないお洋服やスタイなど)をお持ち下さい。セーター等の毛糸生地や、厚手の生地でも出来ます。

ご自身でくるみボタンを作っていただき思い出の作品を作っていただきたいと思っております。
(ハサミなど、必要な物品はこちらでご用意いたします。)

販売・・・・・・・・・

くるみボタン単品・束ねるモノ(ヘアゴムタイプ)・ピアス・イヤリング・ネックレス・指輪を販売したいと思っております。


今回は、刺繍作家のLiC LiCさんと共同出店いたします😄

コラボ作品も少し販売出来そうなので、是非お立ち寄りください


★刺繍作家 LiC LiC(りっく りっく)


★くるみボタン 旭屋

Twitter       @ASAHIYA3645

instagram  asahiya.kurumi

Blog   https://ameblo.jp/tekuteku-odekake/




くるみボタンの作り方

(※お客様がお持ちになったお好きな布地で出来ます)


1、お好きな布を準備し、型紙通りに切り抜きます。

2、裏返した布とパーツをコマにセットします。

3、棒を使って布をコマに押し入れます。

4、ハンドプレス機に、パーツをセットします。 

5、セットできたら、プレスします。 

6、コマを外せば、くるみボタンの出来上がり。 

7、出来上がった「くるみボタン」

8、裏は、こんな感じなので、お洋服のボタンとして使うも良し、ゴムを通すも良し、色んなパーツを組み合わせて、お好みの使い方をして楽しんでいただければと思います。